ぴあのっこClub

雑談部屋

誰でも自由にコメントできるスペースです。



464 thoughts on “雑談部屋

  1. 下村恵子

    先程、ぴあのっこのサイト閲覧数が10万に達しました!
    この瞬間を写真に撮りたかったのです。撮れて良かった〜♪
    閲覧してくださった皆様、ありがとうございます!

  2. 下村恵子

    明日3月7日日曜日21時からのNHKEテレ「クラシック音楽館」、とても楽しみな曲ばかりです!
    ショスタコーヴィチの交響曲第1番、 伊福部昭先生の日本狂詩曲、同じく伊福部昭先生のピアノと管弦楽のための「リトミカ・オスティナータ」!!!指揮は井上道義さん、ピアノは松田華音さんです。
    どの曲も好きですが、特にリトミカ・オスティナータが大好きなのでワクワクします♪
    曲の途中で「ゴジラゴジラ♪」と聞こえます。ピアノがカッコいいのです。華奢でステキな松田華音さんはどんな風に弾きこなすのでしょう。
    伊福部先生の「ピアノ組曲」もあって、ピアノは岡田将さんです。
    これは初めて聴く曲です!
    リアルタイムで聴けるよう、雑用を終わらせておきます!

    1. 下村恵子

      リアルタイムで聴けました!
      全ての曲が素晴らしかったけど、1番心に残ったのはリトミカ・オスティナータ!!
      すごかったです!井上さんの指揮も松田華音さんの燃え立つようなピアノもN響も!
      松田さんは現在モスクワ音楽院の大学院生で、伊福部昭・早坂文雄の2人の音楽家を修士論文のテーマにするほど研究されていて、『伊福部音楽でもっと世界を魅了したい』と語っていたそうです。
      迫力・力強さ・リズムのキレ‥ほっそりとした体のどこから出てきているのでしょう。
      ブラボー、ブラボーでした!
      それから「ピアノ組曲」は、「管絃楽のための日本組曲」をピアノで弾いたものでした!
      「盆踊り」と文字が出て聴き慣れたメロディが流れたので、「もしかして?」と思ったら日本組曲と同じメロディが続いたので驚きでした。
      ピアニストの岡田さんがしっかりかっこよく弾きこなしていました。ピアノソロで聴くとまた新鮮ですね。難しそう!
      日本狂詩曲もショスタコもスケールが大きかったです。

      いつも音源だけ聴いていましたが、今回初めてテレビで「動くリトミカ・オスティナータ」を観ることができました。いや〜すごいもの観れた!!
      今夜リトミカを初めて聴いてファンになる方もたくさんいらしたのではと思います。そうだったら嬉しいです!

  3. 下村恵子

    今日はいいお天気で、洗濯物がよく乾いて助かりました。
    主人がずっと忙しくて歌の練習ができていませんでしたが、今夜久々に歌うことができました。
    私はピアノ伴奏をしています。
    練習終わりのクールダウンに使う歌は2曲ありまして、『トイトイトイ』(歌:デーモン閣下)と『青春の影』(歌:財津和夫)のどちらかを歌って終わります。
    終わり頃は主人には悪いのですが、すごく眠たくなります。
    ステキな歌声でリラックスできたということにしています。
    常に本気で弾いてあげないといけませんね。

    1. 下村恵子

      昨日の歌の練習の時、伴奏しながら目をつぶっていたらしく、一瞬夢を見てしまいました。
      夢の中で私はうさぎになっていました。わぁかわいい!どういう事でしょう。
      主人に失礼すぎるのですが、1日の終わりに慣れた曲を弾いているとぼんやりしてしまう時があり、気がついたら違う調で弾いていて主人が「ん?ん?」と言いながらもついてきていたりしています(笑)

      「弾きながら寝る」と言ったらロンドンオリンピック開会式!
      あのステキな演奏者の動画をまた見たくなりました。

      https://m.youtube.com/watch?v=CwzjlmBLfrQ

  4. 下村恵子

    2021年が始まりました!
    世の中の大変な事が収束して、今年はぴあのっこ主催のコンサートが一つでもできますように!

    お正月から色々なお笑い番組がありますが、ここ最近で大笑いしたお笑いネタは、芸人さんの歌ネタです。
    日谷さんという歌手の『CHANGE』という歌ですが、キレッキレのキメがイカしていました。
    心沸き立つオーケストラヒット連発!
    アレンジャーの方はツボを心得ていますね♪

  5. 下村恵子

    本当に大変な事が起こった2020年が終わろうとしています。
    テレビ東京で『東急ジルベスターコンサート』が始まりました。
    今、今年春に千葉少年少女オーケストラと共演されたピアニストの小曽根真さんがかっこいいオリジナル曲を演奏されています。
    今回のカウントダウン曲はベートーヴェンの交響曲第5番「運命」第4楽章だそうです!(今年はベートーヴェン生誕250周年でした)。
    東京フィルハーモニー交響楽団、指揮はびわ湖ホールでオペラ『神々の黄昏』を無観客上演時に指揮をされた沼尻竜典さんです。
    リモート合唱団でレ・ミゼラブルの『民衆の歌』を歌う企画もあるそうです。
    お茶を飲みながらゆっくり鑑賞します。

    今年は音楽家の方はイベントやコンサートの中止が重なり、練習もままならず、辛い日々が続いたと思います。
    来年はたくさんのコンサートが開催できますように‥全ての方が安心して暮らせるようになりますように‥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です